サイトのテーマ SWELLについてはこちらボタン

【わかりやすい】発達障害『自閉スペクトラム症』の現れ方と関わり方

『自閉スペクトラム症の子どもには、どんなふうに関わったらいいの?』

『どうしたらいいかわからなくて、とにかく育てづらい』

子育てで困っていませんか?

私も、とっても困っていました。

自閉スペクトラムの子どもを2人育てている、あんりです。

自閉スペクトラム症の現れ方と関わり方について、どこよりも簡単に!

わかりやすく!お伝えします。

あんりの息子と娘の場合も紹介しながら説明するよ!

目次

自閉スペクトラム症の現れ方

自閉スペクトラム症の特徴は

  • 人とコミュニケーションを取ることの難しさ
  • こだわりの強さ

です。

まず、年齢別の特徴の現れ方を紹介します。

人によって現れ方は違うので、全部当てはまらない事もあるよ。
性格と同じで、人によって違うんだよ。

赤ちゃんの頃

  • あやしても目が合わない
  • 人見知りをしない
  • 親の後追いをしない
  • 寝付きが悪い
  • 抱っこを嫌がる

あんりの息子は、寝付きがすごく悪かったよ!

娘は、気になることがありませんでした。

2才〜

  • 名前を呼んでも振り向かない
  • 特定のおもちゃにこだわる
  • 話すようになっても棒読み風
  • 言葉をあまり話さない
  • ぴょんぴょん飛び続ける
  • ずっと同じ遊びをしている
  • 言葉が増えない 
  • 物や手順に強くこだわる

息子は、ぴょんぴょん飛んでました!
でも言葉は遅れていませんでした。パニックにはなってたな〜。

娘は、言葉の遅れがありましたね。

小学生の頃〜

  • 集団行動が苦手
  • 相手の気持ちを考えるのが苦手
  • 友達とうまく付き合えない
  • 状況に合わせて変更できない
  • 特定の物だけに強い興味がある
  • 順番や競争で一番になれないとパニックを起こす
  • 一つのことに集中すると周りが見えなくなる
  • スケジュール管理ができない

息子は友達とのトラブルが多かったです。
小学3年生までは、学校生活がとにかく大変でした。

娘は、習い事などいつもと違う状況が苦手で習い事ができませんでした。発表会なども年少までは先生に抱かれていました。

他にも

  • 音や匂いへの感覚過敏
  • 寒さや暑さの感覚が鈍い
  • 体の動かし方、手先が不器用
  • 食べ物の好き嫌いが激しい

息子は、味覚が過敏で「くだもの」「やさい」をほとんど食べません。
すごく不器用なのでボタンを止めたり、紐のちょうちょ結びが苦手です。

娘は、寒さに強いので冬も教室で半袖だったりします。

自閉スペクトラムの現れ方は、たくさんありますが、何個当てはまるか、どのくらい苦手かは人によってバラバラです。

【自閉スペクトラム症】関わり方と対応

1.褒めて褒めて褒めちぎる!

自閉スペクトラム症の人は、人間関係や集団生活に自信がないことが多いです。

年齢が上がってくると、失敗しておこられたり、友達関係がうまくいかなかったりします。

そこで一番大切なのは、褒めることです!

大人だって、みんな褒められることが好きですよね?!

『でも、褒めることがない』

『なにをやってもダメ』

そう思っていませんか?

あんりも思っていました。

でも、『なにもできない』『褒めるとことがない』と思うのは、人と比べているからです。

同じくらいの子と比べると、得意なことがない。

もっとすごい人はたくさんいるから、すごくない。

そう思っていませんか?

人と比べると『褒める』がすごく難しくなります!

そこで!

当たり前のことも褒めちゃいましょう!

毎日の家事も褒められると嬉しい!
毎日のご飯も『美味しい』って言われたら嬉しいよね!

たとえば、

『おはよう。起きれたの〜?すごいじゃん』

ゲームをやめたタイミングで

『お!自分でゲームやめれたの!?ナイスです!!』

とか。

起きたのが遅くても時間ではなく、『起きて布団から出れた』ことを褒めて下さい。

ゲームの電源が切れてできなくなっただけでもゲームをやめたことを褒めていいんです!

チャンスがあれば、すぐ褒めちゃいましょう!

本人も最初は『え???』

みたいな顔します。

褒められることに慣れてないので不思議そうにしますが、慣れてくると

『でしょ!!!』とニヤニヤしますよ!

あんりの長男は、褒められると『でしょーーー!』と受け止めるようになりました。

前と比べてできるようになったこと、上手になったこと、

なんでも褒めちゃいましょう!!

2.簡単な言葉で、一つずつ伝える

言い方で気をつけたほうが良いのが

  • 遠回しな言い方
  • あいまいな言葉
  • 早口
  • たくさんのことを一度に伝える

です。

一つずつ説明していくよ!

まず、『遠回しな言い方』です。

たとえば、

  • お風呂のお湯みてきて
  • お昼になったら

です。

お風呂のお湯みてきて、には

お風呂のお湯を見て、お湯が溜まってたらお湯を止めてねという意味が隠れています。

自閉スペクトラム症の人は、その隠れている部分に気がつきません。

つまり、お風呂のお湯を見て終わり。

お湯をとめて、までは言われてないのでお湯は止めてくれなくても不思議ではないんです。

決して悪気もありません。

あんりは上手く伝わらないことがあると『なるほど〜、そこが伝わらなかったか!』とひとり反省会をします。

お昼になったら、で伝わらないのは

何時なのかです。

あんりの家でも『お昼になったら出かけるよー』と声をかけて

息子が『わかった』と答えたのに

出かける頃になっても、出かける用意ができていない!ということがあります。

どうして?と聞くと

『まだ昼じゃないと思ってた』という答えが返ってきます。

そっか!あんりは昼が12時だと思ってたけど、お昼の時間は人それぞれか!という発見があります。

昼になったら、ではなく『12時』『12時半』と時間をはっきりさせた方がわかりやすいです。

これは、朝も夜も同じです。

さらに言うと

『12時になったら出かけるから、出かける準備をしておいてね。』と伝えた方がわかりやすいですね。

次に『あいまいな言葉』です。

あいまいな言葉とは、

  • ちょっと
  • もっと
  • 少し
  • 多め

などです。

『ちょっと待ってて』はどのくらい待てば良いのかが分かりにくいです。

『もっと急いで』は、どのくらい急いだら良いのか、どうやって急ぐのかが分かりません。

『少しだけ入れて』は、少しってどのくらい?と悩んでしまいます。そして、ほんのちょっと入れて「さすがに少ないでしょ」と言われると混乱します。

逆に『多めに入れて』と言われると、これでもかと言うほど入れてしまい

「なんでそんなに入れたの!?」と言われ、混乱してしまいます。

  • ちょっと待ってて→5分待ってて
  • もっと急いで→速歩きにして
  • 少しだけ入れて→スプーン1杯分入れて
  • 多めに入れて→スプーン3杯分入れて

と、わかりやすく伝えると混乱が減ります。

ちゃんとして、などもどうしたらいいのかわからなくて困ってしまうよ。

『早口』は、早くて何を言われたか全然わからなかった。と感じてしまいます。

ゆっくりの英語なら聞き取れるけれど、早いと聞き取れないという感じに似ていますね。

『たくさんのことを一度に伝える』は、たとえば

『明日起きたら着替えて、ご飯たべて、歯をみがいてね』です。

考えているうちに次々言われると最後の「歯をみがく」しか聞き取れていない。なんてことがあります。

一つずつ、ゆっくり伝えたほうがわかりやすいので

『明日起きたら、着替えてね』

着替えたら、『ご飯食べようね』

ご飯を食べたら、『歯を磨こうね』

と一つずつ伝えたほうがスムーズです。

たくさんあって難しいと思うかもしれないけれど、まとめると『短い言葉で』『一つずつ』だよ!

3.落ち着ける場所を作る

自閉スペクトラム症の人は、

  • 物がたくさんある場所
  • 音がたくさん聞こえる場所

が落ち着きません。

集中してほしい時には、

  • テレビを消す
  • 人の少ない場所に移動する

など静かな場所で話をすると伝わりやすくなります。

パニックになった時も静かな場所の方が落ち着きやすいよ。

4.スケジュールをわかりやすくする

自閉スペクトラム症の人は、自分の考えていたスケジュールが変わると不安になることがあります。

そのため前もってスジュールがわかると安心できます。

予定が変わる時にも、できるだけ早く伝えると安心です。

あんりは、事前に『予定が変わることもあるよ。予定が変わったらこっちのパターンだよ』と2パターン伝えることもあります。

スケージュールも一度にたくさん伝えるとわかりずらいです。

言葉で伝えるより、字や絵で伝える方が安心できます。

スケジュールを書いて、見えるところに貼ります。

貼ったものを見ながら説明すると、わかりやすく安心できます。

あんりの家では、二人分のスケジュールをマグネットで管理しているよ。

マグネットなら予定が変更になっても貼り替えるだけなので簡単ですよ。

出かける時にはメモ帳にだいたいのスケジュールを書いて2人に見せて確認していました。

ショッピングで『いつ帰るの?』と聞かれた時も
買うものリストを見せて、全部買ったら帰るよ。と伝えています。

自閉スペクトラム症は苦手なことばかりじゃない!

自閉スペクトラム症の現れ方、たくさんありましたね。

対応も難しい!

でも!でも!!

安心してください。

苦手なことはたくさんあっても、得意なこともあります。

あんりの息子は手先が不器用ですが、ピアノは弾けます。

けんばんハーモニカは苦手なので不思議です。

6才から続けています。継続すれば少しずつ成長します!

本を読むのも好きです!

紅蓮華やハリーポッターの曲も弾きますよ!
速読も準2級、合格しています。

娘は、照れ屋で話すことが苦手ですが習字が好きです。

初対面の人が苦手ですが、小さい子にはすごく優しいです。

娘は動物にも優しい癒やし系です。

現れ方は人によって違うので対応も一人一人に合ったものが一番良いです。

一番合う対応は専門家の方の助言がとても参考になるし、的確なので、

あんりは定期的に発達センターと放課後の児童ディサービスで困っていることを相談しています!

子どもに合った対応をしていると、子どもも落ち着いてくれるので育児が楽になりますよ!

あんりも息子への関わり方と娘への関わり方を変えています。
性格が違うと合っている対応も違いますね。

自閉スペクトラム症への対応で一番大事なことは「無理しない」こと!

自閉スペクトラム症の子の子育てで、一番大事なことは

「親が無理をしない」、「子どもに無理をさせない」ことだと思っています。

特性のせいで「育てづらい」「生きづらい」ことがたくさんあります。

正しい対応を知らずに、無理をして周りに合わせようとすると、精神的なストレスで心が弱ってしまいます。

お母さんも無理しちゃダメですよ。
正しい対応をしていると、毎日が少しずつ暮らしやすくなりますよ。

ストレスで心が弱ったら、すぐに専門の医療機関か、かかりつけの小児科でもいいので相談しましょう!

話を聞いてもらうだけでも楽になれますよ。

発達障害【自閉スペクトラム症】特徴、症状、原因をわかりやすく解説
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

発達障害のある子を2人育てる主婦。

息子が小学校に上がる時に9年続けた保育士を卒業。

子育てと両立できる在宅ワークとして発達障害児の子育てブログを始める。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる