発達が心配な子、発達障害がある子のママにおすすめの子育て本まとめ 

この記事では、

  • お子さんの発達が心配な方
  • 発達障害がある子への対応で困っている方の
  • 発達障害ってそもそもなに?
  • 発達障害のある子どもにどう接したらいいかわからない
  • 発達障害に気づいたらどうしたらいいの?
  • 発達障害のある子どもにイライラしてしまう
  • 落ち着いて対処できるようになりたい

という悩みを解決するおすすめの子育て本を紹介します。

こんにちは!発達障害の子を2人育てています。あんりです。

  • 発達への不安が常に頭の中をぐるぐる
  • 家事、仕事、育児で体力的にも精神的にも限界
  • 子どもへの対応がわからず毎日振り回されてヘトヘト

私も子どもが小さい時、そんな毎日を過ごしていました。

発達障害について勉強する前は

  • 子どもの発達が心配!
  • 発達障害について知りたい!
  • 発達障害の子どもとの関わり方がわからない
  • 子どもの発達障害を受け入れられない

という悩みがありましたが子育て本を参考にして、少しづつ悩みを解決してきました。

発達障害について正しく知り、正しい対応ができるようになると

子どもの困り感や大変さ、子どもの困った行動が減ります。

障害について正しく知ることで障害を前向きに受け入れることもできます!

今回は私が実際に読んでいた本の中からわかりやすかった、参考になった本を紹介します。

少しでもみなさんの悩みが軽くなれば嬉しいです。

では、本を紹介していきますね!

目次

子どもの気持ちが知りたい時は「発達障害の子どもの心と行動がわかる本」

「発達障害の子どもの心と行動が分かる本」は、

発達障害の特徴、特性についてがイラストや図でわかりやすく書かれています。

子どもの発達が気になるけれど、

  • お子さんがどの発達障害に近いのか知りたい。
  • 発達障害の範囲が知りたい
  • これから発達障害の勉強をする

という方におすすめです。

  • 発達面での気になる様子をひとつひとつ説明
  • 発達の相談ができる場所、診断を受けるまでのこと、診断がついた後のこと
  • 家庭、保育園、幼稚園、小学校での支援について

など、幅広く書かれているのが特徴です。

発達障害について、わからないことだらけの方におすすめの一冊です。

少し分厚い本になります。時間がない時には、目次が細かく分かれているので
お子さんの気になる様子や行動が当てはまる部分だけ先に読むのもおすすめです!

ABAで子どもの能力を伸ばす!「発達障害の子どもを伸ばす 魔法の言葉かけ」

「発達障害の子どもを伸ばす 魔法の言葉かけ」は、

  • お子さんに言語の遅れがあり関わり方がわからない
  • お子さんとの関係を良くしたい
  • 何度同じことを言っても言うことを聞かないので、イライラしてしまう
  • ほめて伸ばしたいけれど、ほめるところが見つけられない

そんな悩みがある方の

  • お子さんと信頼関係を築きたい
  • お子さんの言語能力を伸ばしたい
  • お子さんの社会性を伸ばしたい
  • イライラせずに子どもに対応したい

という願いを叶えるために家庭でできることを知りたい!という方におすすめの本です。

小さな目標を立てて、できたらほめるのが良い!ってわかっていても実践するのが難しいですよね。

この本には小さな目標がわかりやすく書かれているので無理なく少しずつ実践できます。

親子で遊びながら無理なく信頼関係を築きましょう!

言葉に遅れがある子との家庭での療育がわかりやすく書かれています。
家でも療育したい!という方にピッタリです!

声かけに革命を起こす!「発達障害&グレーゾーン子育てから生まれた 楽々かぁさんの伝わる!声かけ変換」

発達障害のお子さんへの声のかけ方、話し方は毎日の暮らしに大きく関わります。

この「楽々かぁさんの伝わる!声かけ変換」は、実際に3人の子育てをしているお母さんが考えた声かけ変換表がネットで話題になり書籍化しました。

楽々かぁさんこと大場美鈴さんの明るく優しい声かけが子育てを少し楽にしてくれます。

お子さんだけではなく

毎日子育てを頑張っているお母さん、お父さんの肩の荷を軽くしてくれる声かけもたくさん載っています。

私も子どもにイライラした時、ふと思い出して

「今あの変換使えるな」

「この変換使ってみようかな」

と思い出して実践しています。

クスッと笑える変換もあるので楽しみながら読めますよ。

3人のお子さんを育てた大場美鈴さんならではの「決してムリせず自分のことも大切に」という優しい気持ちが伝わってくる温かい本です。

イラストでぱっと見て、さくっと読める「知的障害 発達障害のある子の育て方」

「知的障害 発達障害のある子の育て方」は、

  • もしかしたら発達障害かもと思ったらすること
  • 知的障害、発達障害について
  • 発達が心配な時に見通しておくこと
  • 家庭でのお子さんとの関わり方
  • パニックなど困りごとに対する考え方

などが解説されています。

今まで紹介した本よりも薄いので、ゆっくり本を読む時間のない方、普段あまり本を読まない方でも読みやすいです。

私が子どもの発達が気になり最初に読んだ本がこの「知的障害 発達障害のある子の育て方」でした。

子どもに診断が下りる前の

「もしかして発達障害?」

「知的障害と発達障害は何が違うの?」

という疑問も解決できます。

私は「これからどうしたらいいのか」「どこに相談するのか」などの参考にしていました。

「発達障害の子どもの心と行動がわかる本」の方が詳しく書かれています。とりあえずギュッとまとまった物を読みたい!という方はこちらの「知的障害 発達障害のある子の育て方」が読みやすいと思います。

小学校に行く頃になったら「イラスト版子どものソーシャルスキル 友だち関係に勇気と自信がつく42のメソッド」

「イラスト版子どものソーシャルスキル 友だち関係に勇気と自信がつく42のメソッド」は、

  • 朝、友達に会った時
  • 自己紹介をする時
  • けんかの仲直りをしたい時

など学校生活での友達と関わる時の具体的な方法がイラスト付きで書かれています。

親子で一緒に読むのがおすすめですが。私の息子は1人で読むこともありましたよ。

幼稚園、保育園とは違い先生が居ない時間が多い学校生活では、友達との関わりを自分で習得しなければいけません。

発達障害がある子には、体験だけだけではソーシャルスキルを習得しずらいことがあります。

「イラスト版子どものソーシャルスキル 友だち関係に勇気と自信がつく42のメソッド」は、そんな時にこそ役に立ちます!

さまざまな、「こんな時どうしたらいいの?」をイラストを見ながら学ぶ事ができます。

友達との関わり方がわかれば学校でも過ごしやすくなります。
いろいろな場面での友達関係を事前に勉強できるので自信をもって友達と関われるようになります。

知っていて損のない対応方法を事前に学べるのが、とても良いです。

  • 友達に文句を言いたい時
  • かっと頭にきた時
  • 自分の悪口をいうのをやめて欲しい時
  • 友達にからかわれた時

など知らないと本人も傷ついてしまいそうなことも載っているので、お子さんがを守るためにも良い本ですよ。

「イラスト版子どものソーシャルスキル」は他にも「ストレスとの付き合い方」「怒りとの付き合い方」についてのシリーズがあります。

下に紹介しておきますので興味のある方はどうぞ。

私は、「友だち関係に勇気と自信がつく42のメソッド」しか持っていないのですが、もちろんこちらも読んで損なしです!

イラスト版 子どものストレスマネジメント 自分で自分を上手に助ける45の練習」

ストレスとの付き合い方が上手くなる!

怒りの気持ちとの付き合い方は「イラスト版 子どものアンガーマネジメント 怒りをコントロールする43のスキル

イライラ撃退!怒りの気持ちを自分で調節できるようになる!

発達障害をいつ本人に伝えるか迷ったら「自閉症・アスペルガー症候群『自分のこと』のおしえ方 診断説明・告知マニュアル」

自閉スペクトラム症という発達障害を本人に伝える時の、「伝え方の本」です。

いつか自閉症スペクトラム症の子から

  • 自分はみんなと違う!
  • みんなが出来ることが自分はできない!
  • なんで病院に通っっているの?
  • 僕は障害者なの?

という疑問や質問がでてきた時には、

発達障害の特性や性格について説明する必要が出てきます。

いざという時にとっさに説明できないかもしれない!!

急に聞かれると焦ってしまう!

そんな時に困らないように、本人の診断名や特性について

  • いつ頃
  • 誰が
  • どんな順番で
  • どのように説明するのがいいのか

知っておきたいです。

「自閉症・アスペルガー症候群『自分のこと』のおしえ方 診断説明・告知マニュアル」には、知りたいことが詳しく書かれているんです!

  • 本人に伝えるメリット、デメリットは?
  • 診断を説明したあとの支援は?

についても書かれています!

私は本人への告知の方法がさっぱりわからなかったので、見つけた時にすぐ買いました。
必要だと思った時に少しづつ本人に焦らず説明できるのが嬉しいです。

その他におすすめの発達障害に関する本

子育て本ではないですが、参考になった本を紹介します。

「『あたりまえ』がやれない僕らがどうにか生きていくコツ47 発達障害サバイバルガイド」

こちらは大人の発達障害の方に向けた本ですが

  • 透明な箱が片付けやすいこと
  • 家でのなくしものには「キーファインダー」が便利
  • 大人になってから大変なこと

など役に立つ情報が多かったのでおすすめします。

家で鍵や携帯、財布を何度もなくしてしまう時におすすめの「キーファインダー」については、詳しく書いた記事がありますので、興味のあるかたはどうぞ。

【ADHDの困りごと】探し物におすすめ!Evershopキーファインダーが最高に便利だったので紹介!

私も忘れ物が多いので、自分のライフハックとしても役に立ちました!

栗原類さんの「発達障害の僕が輝ける場所を見つけられた理由」

モデル、タレント、役者などで活躍している栗原類さんの本です。

栗原類さんの

  • 注意欠如障害
  • 中1での不登校
  • 高校受験の失敗、通信制高校に合格するまで
  • お母さんによる「あの時、実はこうだった」

など、発達障害&不登校の親としては気になることばかりです。

輝く場所を見つけられるまでの栗原類くんバージョンとお母さんバージョンも解説されています。

栗原類さんの言葉とお母さんの言葉に学ぶところがたくさんありました。

発達が気になる子、発達障害がある子のママにおすすめの子育て本 まとめ

今回は発達障害についての子育て本を10冊紹介しました。

発達が気になる子、発達障害の子の子育ては、精神的にも肉体的にも大変です。

子育ての大変さは一人ひとり違うので、みんなこれさえ読めば大丈夫!とは言えませんが本は読めば役に立ちます!

発達障害について知り、対応の仕方を掴むことで子どもの将来への不安や悩みも減りました。

子育てに困ったらぜひ本を読んでみてください。

私は今でも時々読み返しています!

子育て本の通りにできなくても、大丈夫です!うまくいかなくても自分をせめないでくださいね。

息抜きをしつつ無理ぜずに子育てをしていきましょう!

本を読むことで「生活が楽になるヒント」を見つけてくれれば嬉しいです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

発達障害のある子を2人育てる主婦。

息子が小学校に上がる時に9年続けた保育士を卒業。

子育てと両立できる在宅ワークとして発達障害児の子育てブログを始める。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる