ADHDの治療薬コンサータを5年使った効果、副作用、集中力、食欲について

発達障害の「注意欠如・多動性障害 ADHD」の薬として有名な「コンサータ」ですが、

実際に使っている人の話は聞く機会ががあまりありません。

私の息子は小学校3年生からコンサータを飲み始め、中学生になった今も飲んでいます。

あんり

そこで今回は私の息子のコンサータを使っている使用感や効果、
副作用まで全部お伝えします。

  • 実際にコンサータを使っている人の感想が知りたい!という方
  • お子さんの薬の処方について迷っている方の
  • 副作用はある?
  • 効果は?
  • 子どもに飲ませても大丈夫?
  • 毎日飲むの?
  • 本人の感想は?

という疑問について書きます。

あんり

こんにちは、発達障害の子どもが2人います。保育士のあんりです。

私の息子の発達障害は

  • 注意欠如・多動性障害 ADHD
  • 自閉スペクトラム症 ASD
  • 学習障害 LDの書字障害
  • 発達性協調運動障害 DCD

です。普通学級に通いながら放課後デイサービスにも行っています。

目次

ADHD治療薬「コンサータ」の効果と副作用 息子の場合

コンサータの効果・効能について 息子の場合「集中力が断然上がる!」

コンサータは注意欠如・多動性障害の不注意、多動、衝動性に効果がありますが、

息子の場合は不注意に1番効果があります。

集中力が断然上がるんです!

コンサータを飲んでない時と比べると

  • 学校での勉強、習い事、家での勉強などの集中力が高い
  • ガヤガヤしている所でも人の話が聞きやすい
  • 「一度にたくさん言われてわからなかったこと」が理解できる
  • 苦手だった急な予定の変更にも落ち着いて対応できる
  • すぐに怒ったり、パニックになったりという感情のアップダウンが減る
  • 落ち着いて物事を把握でき「どうしよう!」「困った!」という不安感が減る
  • 「困ったな…でも何とかなるだろう」と気持ちを切り替えるのが早い
  • ネガティブな感情が減る
  • やすことの優先順位がつけられる、計画的に動ける
  • 忘れ物が減る

など今まで気が散るせいで出来なかったことが改善されました。

単純にすごいですよね。

あんり

小学生の高学年になると飲んでいる時、飲まない時の違いを本人が自分で自覚できるようになりました。

コンサータは飲んでから12時間かけて少しずつ薬の成分が放出され、12時間で効果がなくなります。

即効性があるので飲んだその日から効果があります。

即効性はありますが、薬を飲んでから効果が出るまでには少し時間がかかります。

あんり

朝、薬を飲む時間が遅いと学校に行く準備タイムには効きません!

コンサータの副作用 息子の場合は薬が効いてる間の食欲不振と頭痛

コンサータでよく言われる副作用は「食欲不振、不眠、体重減少、頭痛、腹痛」です。

食欲がない

息子の場合の副作用は、まず薬が効いてる間、食欲がなくなることです。

あんり

どんな感じかというと「お腹の中にふくらんだ風船が入っていてお腹がいっぱいな感じ」だそうです。

気持ち悪くて食べれない。ではなくて、満腹感があって食べたくならない。という状態です。

朝飲むとお昼は薬がすごく効いているので全然食べません。

息子は土日、コンサータを飲まないことで食べる日を作っています!

朝は早めに薬を飲んで、夜ご飯は遅めにして薬の効果が切れてから食べれるようにしています。

あんり

さらに、食べるイベントがある時も楽しめるように飲まないようにしていますよ!

頭痛

コンサータを始めた頃は、頭痛もありましたが

担当の先生に相談すると『食欲がないと食べずに過ごしてしまうので血糖値が下がって頭痛が起きる事があります』ということで解決策を教えてもらいました。

解決策は、

  • 薬を飲む前にしっかり食べる
  • 学校から帰ってきたら少しでも食べれる物を食べてみる

この助言どおりに過ごすと頭痛の回数が減りました。

ただし、甘いものは血糖値が急激に上がってしまうので、できるだけお菓子以外の物にするとなお良いです!

あんり

息子は水分不足でも頭痛が起きやすいので、こまめに水分を取ることも意識していますよ。

その他の副作用しついて

息子は不眠の症状もありますが、これは幼少期からずっとなので副作用ではないと思っています。

不眠に関しては違う薬で対応しています。

腹痛など、その他の副作用は感じていません。

ADHDの治療薬「コンサータ」を飲み始めた理由

息子は小学校3年生頃から学校生活が強いストレスになっていたので通っていた発達センターでコンサータを処方してもらうことになりました。

学校でのストレスとは

ADHDの不注意で気が散ってしまい先生の話を集中して聞けないことでした。

授業中に先生が話をしている時に聞こえる

  • 外からの車の音、人の声
  • 廊下から聞こえる隣の教室の声や机を動かす音
  • 同じ教室の友達の話し声

さらに、自分よりも前に座っている子の動きも目に入り、気になってしまいます。

集中して聞けないことで、

  • 聞き逃しによる聞き間違いが多い
  • 聞き間違いや勘違いが原因で友達との関わりでもトラブルが多い
  • 話し合いの授業では、たくさんの人が一度に話すこともあり、会話についていけずパニックになる
  • パニックの後、気分の切り替えに時間がかかり教室のはじでうずくまって泣いていたり、怒っていたりする

という状態になることが増え、困っていました。

あんり

この頃の息子は『みんなはできるのに自分だけできない』
『でも何でできないのかわからない』という不安感を感じていました。

  • 『みんなの考えていることがわからない』
  • 『自分の気持ちもうまく伝えられない』

という思いが強いストレスになっているようでした。

パンフレットや先生の話を聞いて納得してから始めました。

効果と副作用を考慮して、コンサータを続けることに決定

コンサータを試してから続けるどうかを決める時には息子本人の気持ちを大切にしました!

あんり

本人の「食欲がなくなることよりも学校で困らない方が良い!」という気持ちを優先しました。

薬を飲むのは本人なので、本人の気持ちも大切だと思いました。

食欲が落ちることに関しては、成長期なので心配もありましたが

  • 朝、コンサータを飲む前にしっかり食べる
  • 給食は『副作用で食欲が落ちるのであまり食べられないです』と担任の先生にも伝えておく
  • 学校から帰ってくる頃には少し食欲が戻っているので軽食を食べる
  • 夜食は薬を飲んでから12時間経ってからにする
  • 土日はコンサータを飲まずに、たくさん食べる

という工夫でコンサータをつづけました。

コンサータは12時間効果がありますが、息子の場合は8時間を過ぎると少しずつ食べれるようになります。

「コンサータ」の効果がでるのは発達障害の中で注意欠如・多動性障害のADHDだけ

ADHDの治療薬なので当然ですが、ADHDの特性にしか効果はありません。

息子の発達障害は

  • 注意欠如・多動性障害のADHD
  • 自閉スペクトラム症のASD
  • 学習障害(限局性学習症)のLD
  • 発達性協調運動障害のDCD

ですが、ADHDの

  • 不注意での気の散りや忘れ物
  • やらなければいけないことを先のばしにする
  • 考えるよりも前に衝動的に行動する
  • じっとしていられない多動

などADHDの症状にだけ効果があります。

ただし、多動に関しては集中できる時間が増えるおかげで減っているのかな?くらいなので動かなくても大丈夫になるわけではありません。

コンサータを飲むと失敗が減って気持ちがポジティブになりやすいので、自閉スペクトラム症の不安感には2次的に効果出ている気がします。

  • 自閉スペクトラム症の不安感以外のもの
  • 学習障害
  • 発達性協調運動障害

には効果を感じません。

あんり

苦手なことが出来るようにはなりません。
でも集中力が上がるので飲まない時よりは疲れにくくなりますよ。

コンサータは毎日飲む?飲む日と飲まない日はADHDの困り事しだいで変更

あんり

コンサータは、飲み始めたら毎日のむの?という心配があると思います。

息子の場合、毎日は飲んでいません。

飲まないと困る時には飲む、飲まなくていい日には飲まないという調節をしています。

息子のコンサータの飲み方と休薬日について

息子のコンサータの飲み方は4年間でいろいろな変わっています。

小学校3年生、4年生、5年生

  • 学校のある日 → 飲む
  • 学校がない日 → 飲まない

小学校6年生 塾行き始める。塾の時間が遅いので変更

  • 学校がある日 → 朝に飲む
  • 学校と塾がある日 → 朝と昼に飲む
  • 学校も塾もない日 → 飲まない

現在、中学生ですが不登校

  • 家や放課後デイサービスで勉強をする日 → 飲む
  • 勉強しない日飲まない → 飲まない

他にも成長で体重が重くなってコンサータが効かない時には量の多いもの、1日に飲む回数が2回の時は軽いものにするなど細かい変更もありました。

行事がある時には飲まない

あんり

学校のある日でも行事や修学旅行など楽しみたい!みんなでご飯を食べる!という時には飲まずに参加していました。

行事がある時に飲まないことについては本人が

息子

コンサータを飲むと楽しみたい時にもテンションが上がりづらい感じがするから飲みたくないなぁ。

というので飲んでいませんでした。

テンションを上げたい時や、みんなでご飯を食べる時、特性を理解してくれる人と過ごすときには飲まないほうが楽しめるそうです!!

今まで、飲まずに大変だった日や飲み忘れた日も息子なりに経験してきました。

あんり

今では息子なりに飲む日飲まない日を決めてコンサータと付き合っています!

コンサータの飲み方や量については主治医の先生と相談して決めています。勝手に変更するのは危険なのでやめて下さいね。

コンサータは一生飲み続けるの?について

正直いうと、一生飲み続けるのかは、わかりません。

息子もですが、

  • 周りの環境
  • 学校の雰囲気
  • 関わる人
  • サポート体制
  • 仕事内容

などで必要か必要じゃなくなるかが変わってくると思います。

ADHDの特性を理解してくれる人が周りにいたり、

苦手なことをカバーしてくれる人がいれば、飲まなくても暮らせるようになるかもしれません。

あんり

実際どうなるかは人それぞれなのでわかりませんね。

息子は勉強するときにはコンサータが必要ですが、

読書やゲームなど好きなこと、得意なことをする時にはコンサータがなくても集中できます。

忘れ物やうっかりミスがあっても、怒られるなどのストレスがなければコンサータがなくても大丈夫。

本人の困り感があるかないかでコンサータの必要性が変わってくると思います。

あんり

ですが学生生活、就職後のことを考えると息子は、しばらく飲むことになるだろうなと思ってます。

ADHDの薬を選ぶポイントは? コンサータ、インチュニブ、ストラテラ

ADHDの治療薬は「コンサータ」以外に

  • 「インチュニブ」
  • 「ストラテラ」

があります。

あんり

息子はコンサータの前に「インチュニブ」を試しました。

ところがインチュニブは副作用の眠気が強く出てしまいました。

小学校3年生の息子が授業中に寝てしまうくらいの眠気がありお試し途中で中断しました。

その後にコンサータを試しました。

学校生活も楽になり本人も喜んでいたので続けることに。

コンサータが合っていたので「ストラテラ」は試しませんでした。

あんり

娘はコンサータのカプセルが大きくて飲めず、現在ストラテラを飲んでいます。

娘は副作用もなく過ごせています。

コンサータ程の即効性はありませんが、効果はあります。

娘は息子よりも特性が薄いのでストラテラを続けようと思っています。

コンサータと違い朝晩飲むので、1日中うっすらと薬が効いていて切れる時間がありません。

あんり

比べて効果を強く感じるのはコンサータです。

コンサータを飲んだことのある他のADHDの方の意見

コンサータをためしたことのある大人の方の感想をまとめました。

本人の自覚は

  • 頭がスッキリする
  • 集中力が上がった
  • 眠くならない
  • おなかが空かない
  • 本や音楽で想像力が膨らまなくなる
  • イライラが制御できるようになる
  • 落ち着いた
  • 食欲が落ちる
  • 無感情になる

などがありました。

あんり

息子と同じものが多いですが、「無感情になる」は、息子の言うテンションが上がらないと同じ気がします。

ADHDの子を持つ私と本人のコンサータをはじめた感想 

薬の効果はコンサータをはじめた初日から実感できたのが良かったです。

集中力があると落ち着いて行動できるので失敗したり、怒られたりすることが減ります。

そのため本人がイライラしていることが減りました。

息子

先生の話が聞きやすかった!勉強も集中してできる!

あんり

食欲低下はありましたが、息子は好き嫌いも多く給食がそんなに好きではなかったので大丈夫そうでした。

私も以前は発達障害の治療で薬を使うのは抵抗がありました。

でも息子が成長するにつれて学校生活がストレスになり辛そうな様子を見ていたので、使うことに決めました。

本人の辛さや暮らしづらさが改善できて、学校で楽しく過ごせたのでコンサータをはじめて良かったと思っています。

あんり

発達センターでも身長、体重、血圧なども図って様子を見てくれるので安心しています。

発達障害ADHDの治療薬「コンサータ」について まとめ

コンサータの効果と副作用は個人差がありますが

息子の場合はADHDの不注意、多動、衝動性に効果があります。

副作用は、食欲が落ちること、頭痛です。

ただし頭痛は、水分不足と血糖値を意識して

  • 朝しっかり食べる
  • 薬を飲んで8時間後くらいから軽食など食べれるものを食べる
  • 水分をとる

ことで改善しました。

コンサータを飲む日、飲まない日については担当の先生と相談しながら

  • 勉強する日は飲む
  • 行事の時は飲まない
  • 誰かと食べる予定がある時は飲まない
  • 緊張しそうな時はパニックにならないように飲む

など、決めて調整しています。

あんり

息子がコンサータを飲むことで学校生活を楽しめていたので安心できました。

コンサータを飲んでいる日は

困ったことがあってもパニックにならずに落ち着いて友達に聞いたりという対処ができるようになりました!

気持ちの切り替えも早くなったので友達との関係も良くなり友達が増えたことも嬉しいです。

今でも、身長体重も問題なく成長しています!

あんり

コンサータをはじめて良かったと思っています。

これからお子さんにコンサータをためそうか迷っている方、

お子さんの注意欠如多動性障害ADHDの特性で困っているお母さんの参考に少しでもなれば嬉しいです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

発達障害のある子を2人育てる主婦。

息子が小学校に上がる時に9年続けた保育士を卒業。

子育てと両立できる在宅ワークとして発達障害児の子育てブログを始める。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる