不登校の中学生におすすめの通信教育ベスト5!を見る

【不登校】うちの子に合う通信制高校はどこ?高校比べならズバット通信制高校比較!

  • 不登校で高校選びが進まない…
  • 通信制高校がたくさんあって選べない…
  • ズバット通信制高校ってなに?
  • 通信制高校の学費ってどのくらい?
  • うちの子に合う学校あるかな…

中学生になると、やっぱり気になるのが高校。特に不登校生は子どもの意見を聞きながら慎重に高校を選びたいですよね。

あんり

私も不登校の息子が中学3年生なので本格的に高校を選んでいます。でもなかなかここだ!っていうところが決まらないようです…。

気になるところは見学も行きたいから早く決めてほしい!でも高校のホームページを子どもとゆっくり見る時間もあんまりない!そんな時に見つけたのがズバット通信制高校比較です。

気になる通信制高校の情報を一括でもらえるからラクチン

パンフレットで届くから時間のある時にサッと見ることもできるし、気になる学校をピックアップしてテーブルに置いておけば、子どもや家族に見てもらうこともできます!

息子のハリーくん

この学校楽しそうかも!こんなコースもあるんだ~。

パンフレットは情報がまとまってるので、学費やコースも比べやすいのがメリット。

あんり

なんてたって無料だしおすすめだよ!

この記事では、全国の通信制高校のパンフレットを一度に無料で資料請求できるズバット通信制高校比較を紹介します!

学校診断やエリア・特徴検索もできるから、子どもに合う学校が見つけやすいですよ~。

不登校でも大丈夫!一緒に子どもの行きたい高校、子どもに合う高校を見つけましょう!

\かんたん登録でラクラク資料請求!/

ズバット通信制高校比較

通信制高校やサポート校の資料を欲しい分だけまとめて取り寄せられる!

目次

ズバット通信制高校比較で資料請求してみた感想

あんり

ズバット通信制高校比較で一括資料請求をしたレビューと感想です!

資料請求したきっかけ

あんり

進路希望調査書が来たけど、行きたい高校とかある?

息子のハリーくん

えー。わかんない、出席日数ないけど行けるところあるの―?

ついに不登校の息子も中3。

進学先を決めなきゃいけない時期になりましたが、行きたい高校が全く決まっていませんでした。

そこで息子と高校のホームページを見たりしていたのですが、通信制高校の種類がとにかく多い!

あんり

通信制高校ってこんなにあるのー---???選択肢が多いのは嬉しいけど、たくさんあってよくわからなくなってきた…。

選択肢がたくさんあるのはいいことだけど、たくさんあって逆によくわからない!

いろんな学校を見てると時間もかかってしまって、毎回もうこんな時間!?ってなっていました。

息子もホームページを見るだけだと、よくわからないようす。

息子のハリーくん

ホームページ見てもよくわかんないなー、前に見たところもどこかわかんなくなっちゃった。

そこで我が家は、とりあえず通信制高校の資料をもらうことにしました。

あんり

でも、高校の資料をもらうのって学校ごとに住所を登録して名前を入れて…ってめんどくさい…

すごーくめんどくさかったので、ズバット通信制高校比較で一括資料請求することにしました!

あんり

登録もカンタンだから、ササっと資料請求できましたよ~。

▲もくじに戻る

高校選びが楽しくなる

あんり

ズバット通信制高校比較なら、たくさんの学校の資料請求が1度にまとめてできちゃいます!

資料をもらう学校は自由に選べるのも嬉しい!

場所や、勉強したいコース・学科でも絞れますよ。

私はいろんなところが見たかったので、コースや学科を絞らずに資料を請求しました!

\届いた通信制高校の資料はこちら!/

あんり

こんなに来た!!!

正直、びっくりするくらい来ちゃいました。

「こんなに来ても困る―!」っていう方はや、お子さんの勉強したいコース・好きなことが決まっている方は、コースや学科を絞って資料請求した方がいいかもしれません。

息子のハリーくん

お~!学校行けなくても、こんなに高校選べるんだね~!

不登校って行ける高校あるの~!?俺の将来終わった…。って言っていた息子も資料の山を見て未来が明るくなった表情で。

息子のその顔を見れただけでも、資料請求してみて良かったなー!と思いました。

比べやすい

パンフレットがあるとページにフセンを貼ったり、線をひいたりできるのでホームページを見るよりも比べやすかったです。

テーブルに何校か少しづつ出して置いておくと、食後やおやつの時に家族や息子がパラパラとパンフレットを見たりして、

「このコースどう?」「ここ楽しそうだねー」「ここ制服かわいいね」など自然と高校の会話になることもありました。

息子のハリーくん

暇な時に見れてよかった!

なごやかな雰囲気で高校選びができるのでおすすめです!

あんり

1回、登録しておけば「ここの学校も気になる」ってなった時や「あの学校のパンフレット間違えて捨てちゃった!」って時にも簡単に資料をもらえますよー!

下の子の高校選びの時にも使うかもしれないし、なんといってもタダなので使わない理由がなかったです。

通信制高校・サポート校についてがわかる

あんり

最近、通信制高校はとても人気!

文部科学省の令和3年学校基本調査によると高校生の15人に1人が通信制高校に通っています!

息子のハリーくん

通信制高校気になる―!でも通信制高校ってどんな学校なの?

通信制高校とサポート校の違いがよくわからない!!!って人にもズバット通信制高校比較はオススメできます。

  • 通信制高校の解説
  • 生徒&先生のインタビュー
  • みんなの学校選び体験談
  • お悩み相談室
  • 在校生・卒業生の口コミ

このようなページも用意されているので、時間がある時に携帯でササ――っと読めて便利ですよ~。

通信制高校、サポート校、資料請求が気になる方はサイトを見てみてくださいね。

▲もくじに戻る

【カンタン資料請求】ズバット通信制高校比較の特徴

ズバット通信制高校比較は、全国約1,000校の通信制高校・サポート校から気になる学校を選んで、パンフレットを無料で取り寄せられる便利なサービスです。

10年以上の歴史があるサイトなので人気も歴史もあるので安心!

あんり

もちろん個人情報もバッチリ守られているので安心して利用できるよ!

ズバット通信制高校比較を1分で解説!/

1分で解説!自分にあった通信制高校が必ず見つかる【ズバット 通信制高校比較】
あんり

ズバット通信制高校比較のメリットを紹介します!

楽ちん&比較しやすい

実際に資料請求してみて良かったなと感じた点は、以下の2つです。

  • 資料請求が一括でできるから楽ちん
  • 複数の学校の特色や学費を比べやすい

それぞれについて、具体的に良かったと感じた点を詳しくお話しします。

資料請求が一括でできるから楽ちん

ズバット通信制高校比較の資料請求は、たった5つの質問に答えるだけで、全国の通信制高校を一括請求できます。

スクーリングを重視している場合は、住んでいる都道府県検索での一括請求が便利です。

不登校生のママ

1,000校以上ある通信制高校の資料請求を1校1校入力するのは大変!

複数の学校の特色や学費を比べやすい

通信制高校は、スクーリングが多めの学校やオンラインが主体の学校など授業スタイルだけでなく、選択できる科目もさまざまです。

学費は公立の通信制高校が年間3万円程度ですが、私立やサポート校になると年間30万円以上、高額なところだと年間100万円程度かかってしまう通信制高校もあります。

ズバット通信制高校比較なら、学校の特色だけでなく学費面から比較することも簡単です。

おすすめな人

以下にひとつでも当てはまれば、ズバット通信制高校比較で一括資料請求することをおすすめします。

  • 子どもが不登校になり通信制高校やサポート校を検討している
  • 子どもに合う通信制高校をまとめて資料請求したい
  • 住んでいる都道府県にどんな通信制高校やサポート校があるか情報収集したい
  • 資料請求は個人情報の管理がしっかりしている会社がよい
  • 通信制高校やサポート校について無料で資料請求がしたい

デメリット

ズバット通信制高校比較を利用したデメリットとして唯一挙げるとしたら、「電話が来る学校がある」ことです。

私は電話をいただいたことで疑問に思っていたことをその場で聞くことができたので良かったと感じています。ところが、営業電話と感じる人やわずらわしいと感じる人もいるかもしれません。

あんり

資料請求の入力フォームで「電話連絡不可」としておくのもあり!

▲もくじに戻る

パンフレット一括請求の方法

ズバット通信制高校比較では、住んでいる地域から検索する場合と5つの質問でタイプ別の通信制高校を見つける方法の2つの資料請求方法があります。

住んでいる地域から検索する場合

STEP
「エリア検索」をクリック
STEP
「やりたいこと・学びたいこと」から選択
STEP
「都道府県」を選択
STEP
「現在の学年」を選択

5つの質問でタイプ別通信制高校を検索する場合

STEP
ズバット通信制高校比較へアクセスし「診断スタート」をクリック
STEP
現在の学年を選択
STEP
通信制高校を探している理由を選択
STEP
学びたいことや目標を選択
STEP
希望のスクーリングの頻度を選択
STEP
希望する高校生活を選択

▲もくじに戻る

通信制高校を選ぶ時の5つのポイント

通信制高校を選ぶポイントは、「学費」「学べる内容」「入学や転入の時期」「通学スタイル」「サポート校の有無」の5つです。

それぞれについて、詳しく解説していきます。

学費で選ぶ

通信制高校の学費は、①公立か私立か②スクーリングの頻度③専門的な科目の3点で大きく異なります。

上記3つの条件のうち「①公立か私立か」という点が、最も学費に大きく影響され、数十万円もの差が出てきます。

一般的に公立の通信制高校は、「自立学習」「自己責任」が求められるため、自律できる意志の強い子どもでないと卒業が難しいことを念頭に置いておく方がよいでしょう。

やりたいこと・学びたいことで選ぶ

通信制高校は、基礎学習や大学進学だけでなく美容や芸能、プログラミングなどのパソコンスキルについて学べる専門コースがあります。通信高校卒業後の「なりたい自分」や「就職したい職業」などをイメージして進学先を選択することもできます。

卒業後の明確なイメージがなくとも「おもしろそうだな」と学びたいことで選ぶことも通信制高校の選択のポイントです。

入学時期・転籍で選ぶ

通信制高校の入学時期は一般的に4月と10月ですが、転入はいつでもできる学校が多いです。また通信制高校の中には、全日制や定時制と併設している学校もあります。併設学校の場合、「全日制課程から通信制課程」、逆の「通信制課程から全日制課程」と同学校内での転籍が可能な学校もあります。

不登校生のママ

通信制課程で慣れたら全日制課程にしたいなと考えているなら、併設校を選んでおくと良さそう!

通学スタイルで選ぶ

通信制高校は、年間20日程度のスクーリングが必要です。そのため「広域通信制」と「境域通信制」の2つの通学範囲での高校選択があります。

広域通信制は、全国(もしくは3つ以上の都道府県)の生徒を募集対象としており、境域通信制は高校の所在地と1つの都道府県の生徒を募集対象としています。
一般的な通信制高校は月2回〜週3日程度のスクーリングを設けているところが多いです。広域通信制の学校の中には、年1回の集中合宿でスクーリングを実施している通信制高校もあります。

定期的なスクーリングが良いか、年に一度の集中スクーリングが良いか、子どもの希望や住んでいる地域によって検討しましょう。

サポート校の有無で選ぶ

通信制高校は自主学習が基本であるため、最短3年での高校卒業は正直なところ難しいです。私立の通信制高校は、スマホやタブレット学習を取り入れるなど、いつでもどこでも自主学習できる環境を整備していますが、それでも1人で学習するまでの子ども自身のやる気が必要です。

あんり

専門的な知識を必要とする専門科目や高校の学習内容を親がサポートするのはとても難しいから、通信制サポート校を利用するのがおすすめ!

通信制サポート校とは、通信制高校の生徒のための塾のようなもので、単位取得・進級などの支援を行う機関です。

サポート校はどこの通信制高校の在籍者でも利用できるのではなく、提携している通信制高校でしか利用することができません。ひとりで学習することに不安がある子どもの場合、サポート校提携の有無を通信制高校を選択するポイントにしても良いでしょう。

▲もくじに戻る

資料を集めて子どもに合った高校を選びましょう!

ズバット通信制高校比較なら、無料で資料請求できるのに運営歴も長く利用者数も多いので安心感があります。住んでいる地域の気になる複数の学校や5つのアンケートに答えて子どもに合った通信制高校を一括資料請求できます。

通信制高校にしろサポート校にしろ、通うのは子ども本人です。親ではありません。とはいえ、学校選びは「時間」と「労力」が必要です。子どもが自らの意思で選択できるようサポートするために、ズバット通信制高校比較を利用して情報収集をしておくことをおすすめします

あんり

きっとあなたのお子さんに合った学校が見つかるはず

\気になる高校の資料をパパっともらう!/

ズバット通信制高校比較

\気になる学校の資料をすぐにもらえる!/

不登校中の家庭学習にはコレがおすすめ!
不登校の中学生におすすめの通信教育・タブレット学習ベスト5!家での勉強方法は?
不登校でも出席になる通信教育
【出席認定できる家庭学習すらら】アニメで楽しく勉強|不登校生におすすめ
不登校生の家庭学習に!入会金0円のサブスタ|口コミ・評判からわかる魅力とメリット
1人ではやる気が出ない子、誰かと喋りたい子におすすめ!
不登校中学生におすすめのオンライン家庭教師5選!【学校に行けなくても勉強はできる!】
不登校生の高校選び・進学
中学が不登校でも行ける高校はある?出席日数や内申点がない子でも大丈夫!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次